技術提案情報 -ラップ継ぎ手の考え方-

ラップ継ぎ手機能とラップ長について

はじめに

ラップ継ぎ手は、下図のように先行パラリンクと後行パラリンクを重ね合わせる事である。両面摩擦を確保するため、土を介して行われる。ラップ長Lは、この重ね合わせの長さを指す。

図

ラップ継ぎ手機能

ラップ継ぎ手は、ラップ近傍に発生する円弧すべりに対し所定の安全率を確保する為に、必要なラップ長Lを重ね合わせることで抑止力確保の機能を担う。但し、機械継ぎ手と異なり、パラリンクの一体化(先行パラリンクから後行パラリンクへの張力伝達)機能は有していない。

すべりAに対しては先行パラリンクのみが張力発揮し、すべりCに対しては後行パラリンクのみが張力発揮するのに対し、すべりBに対しては先行パラリンク・後行パラリンクそれぞれが、すべりに対する定着長に応じた張力を発揮し、すべりに抵抗する。
この時の定着長は、先行パラリンクにとってはすべりBの背面の長さであり、後行パラリンクにとっては、すべり土塊に根入れされた長さである。(根入れ長は、作用・反作用の観点から、定着長と等価と見られる。根入れ部に働く摩擦力を上限として、すべりBの背面(定着部)に抑止力を伝達する。)

ラップ長

ラップ長Lは、ラップ位置における必要定着長L1以上であり、最大必要抑止力に対応する定着長L2以下である。(L1≦L≦L2)

必要ラップ長の計算

下図は、台形盛土下部(左法尻からの水平距離xの点)を通る円弧すべりの必要抑止力を表している。ある点がラップ位置となった時に(暫定供用→拡幅工事等でパラリンクの延長が必要となる場合・定メーターロール施工時等)、その近傍での必要抑止力は一様でなく、ラップ位置前後の数mにわたり安全率計算のトライアルが必要となる。
計算は円弧すべりソフトを用いて行い、全てのすべりに対し所定の安全率を満足する事とする。
使用するパラリンクの品番・盛土形状・地盤の状況・ラップ位置等により必要ラップ長は変動する為標準的なラップ長は明示できないので、ラップ継ぎ手の必要の生じたその都度計算する事とする。