業務内容

パラリンクとは

補強土壁工法の近代のパイオニアはフランス アンリ・ビダル氏で帯鉄を用いた工法である。この帯鉄に替る材料として開発されたのがパラウェブ(帯)であり、パラリンクは、このパラウェブ(帯)を面状にしたものである。

パラリンクの設計から施工まで

パラリンクの設計から施工まで

パラリンク生産(製造イメージ)

高強度ポリエステル長繊維を平行に密に引き揃え樹脂押出し工程を経て帯(パラウェブ)とする。

複数の帯を等間隔に配置し横帯を熱融着にて取付けロール状に巻取り帯状ジオシンセティックとする。


テラメッシュとは

グローバルなマカフェリー社のふとん籠で 亀甲金網で出来ており ふとん籠と網部が一体成型されている。
現在 補強土壁、もたれ擁壁として機能している。

テラメッシュハイブリット工法の設計から施工まで

テラメッシュハイブリット工法の設計から施工まで

テラメッシュふとん籠:亀甲金網の特徴

マカフェリーギャビオン(亀甲金網)特徴

ダブルツイスト構造にて、金網の破断の懸念がない。


開発業務

高強度帯状ジオシンセティックス パラリンクを活かし、耐震設計(液状化変形抑制工法・高盛土ニューマーク法・軟弱地盤上盛土等)にて、震度法あるいは数値解析(動的・静的)による提案を行い変形抑制効果について注力している。
テラメッシュ擁壁工法について、豪雨に強い擁壁として耐震性・信頼性ある擁壁として提案している。

リニアコンポジット社について

1969年

ICI LINEAR COMPOSITES LTD(英国大手化学会社 インペリアル ケミカル インダストリ)の100%子会社として、繊維補強プラスティクス複合品の製造・マーケティング開始。

1989年 PETRON POLYMERS LTD(英国樹脂再生メーカー)の傘下に入LINEAR COMPOSITES LTDとなる。
1992年

ISO9002取得。

2000年

ISO9001取得継続中。

2006年 マカフェリー(伊)の傘下に入る。
2007年 マカフェリーインドにパラウェブ技術指導し生産開始。
2009年 日本向けパラリンクをリニアコンポジット社の技術指導・品質管理の下、マカフェリーインド工場より供給する体制となる。
2012年 売上高10百万ポンド(18.9億円)
取扱品目

パラウエブ・パラリンク・パラグリッド・パラドレーン
パラフィル・パラフェンス・パラループ・パラリブ

マカフェリー社について

1879年 会社設立
1893年 マカフェリーギャビオン(亀甲金網)発明
1907年 円方形ギャビオンのみならず、ふとん籠ギャビオン開始
1966年 伊フローレンス洪水後、耐久性の高いメッキのマカフェリーギャビオンは、道路復興・水路復元に用いられ極めて有効であった。
2014年 売上高474百万ユーロ(646億円)
取扱品目 マカフェリーギャビオン・排水材・護岸材・落石防護網・舗装強化材
ジオシンセティック補強材・トンネル関連資材 等
モットー Engineering A Better Solution
活動 グローバル展開
特に欧州・北米・中南米・アジア(31工場:2,940人)
2007年インドにも生産基地(亀甲金網&パラウェブ)設置