ニューマーク法

工法概要

高盛土のレベル2地震動に対する残留変形解析手法として、盛土条件や地形・地質等を考慮して設計地震動を選定するニューマーク法を用いる。
地震によって生じる盛土の残留変位は、主にすべり土塊の滑動による変位量が対象であり、ジオシンセティックスの敷設により、残留変位量を抑制する工法である。

ニューマーク法

ニューマーク法とは

高盛土のレベル2地震動に対する残留変形解析手法として、盛土条件や地形・地質等を考慮して設計地震動を選定するニューマーク法を用いる。
地震によって生じる盛土の残留変位は、主にすべり土塊の滑動による変位量が対象であり、ジオシンセティックスの敷設により、残留変位量を抑制する工法である。

残留変位量の算定

ニューマーク法

ニューマーク法


ニューマーク法

無処理の残留変位量の算定

STEP-1

ニューマーク法

ニューマーク法ニューマーク法

対策時の残留変位量の算定

STEP-1 ニューマーク法 ニューマーク法 STEP-2 ニューマーク法