ドレーン工法との併用

工法概要

  • ドレーン工法のみでは所定の安全率を満たさない時、パラリンクと併用する事で安全率の向上が図れる。
  • ドレーンピッチが密(≦1.0m)な改良が必要な時、パラリンクと併用する事でピッチを拡げる事ができ、コスト縮減が可能。

ドレーン工法との併用

ドレーン工法との併用