標準敷網工法

工法概要

パラリンク敷網工法は、パラリンク引張補強材を盛土下部に敷設することにより、その引張り力によって不足する抵抗モーメントを補う工法である。パラリンクの引張力はすべり線に沿って働くと考える。

ここに、
Fs:すべりに対する安全率
MR:抵抗モーメント (kNm/m)
MD:すべりモーメント(kNm/m)
R:すべり半径(m)
n:引張補強材の枚数
TA:引張補強材の設計強度(kN/m)

国内施工実績:テラメッシュ工法


従来に無い高強度のパラリンクで盛土下部安定を行うので、従来補強材の複数枚敷設に比べ、パラリンクの高強度規格1枚~少数枚で対策可能となるケースが多い。 また重機使用による広幅ロール展開のため施工性に優れ、経済性が際立つ。

フローチャート

フローチャート